設定

OK
設定を保存してウィンドウを閉じます。
キャンセル
設定を保存せずにウィンドウを閉じます。
初期設定に戻す
ログイン情報の取得先を除く全ての設定を初期設定に戻します。
その後、OKボタンを押して閉じると初期設定で保存されます。

一般


外部ツールからの起動時は最小化状態で起動する
実行オプション -i | –input を指定して起動した場合は最小化状態で起動します。
録画終了時にぷんれこを終了する
録画が終了した時にぷんれこを終了します。
「停止」ボタンを押して録画を終了した場合は、ぷんれこは終了しません。
同時実行数の上限を超えたらダイアログを表示
ぷんれこを同時に実行可能な数を超えて起動した時にダイアログを表示します。
同時実行可能な上限は3つまでです。
この設定が有効になっていても -i, –input を指定して起動した場合はダイアログが表示されません。
起動時にアップデートの確認をする
ぷんれこ起動時に新しいバージョンがリリースされていないか確認をします。
この設定が有効になっていても -i, –input を指定して起動した場合は確認しません。

ファイル


保存フォルダ
録画した動画を保存するフォルダを選択できます。
配信者毎にサブフォルダを作る
有効にすると保存フォルダ内に配信者名のフォルダを作り、その中に動画を保存します。
ファイル名のフォーマット
録画した動画のファイル名を変更できます。
入力欄の下に記載されている置換文字列を使用でき、置換される日時は録画を開始した日時になります。
設定したファイル名の末尾に0から始まる連番と拡張子が自動で付加されます。

拡張


ログイン情報を使用する
有効にするとブラウザのログイン情報を使用して録画を行います。
プレミアム会員の場合は、過去のライブを保存できるようになります。
m3u8指定時のファイル名フォーマット
対象URLに直接m3u8を指定した場合は、ライブID・タイトル・配信者の情報が得られないため、別のフォーマットをここで設定できます。
動画の拡張子
録画した動画のファイル名の拡張子を設定できます。
FFmpeg実行時の引数
FFmpeg実行時の引数を設定できます。
対象URLと出力パスに置き換える{0}と{1}をどちらも入力する必要があります。
入力されていない場合はデフォルトの引数で実行されます。